腸内に棲みつく太りやすい菌とやせやすい菌

腸内に棲みつく太りやすい菌とやせやすい菌

食べてばかりいたり、動かないでいれば太るのは当たり前です。

 

しかし、たいして食べていないのに太っている方もいますよね。

 

もしかしたら、腸内細菌の影響かもしれません。

 

腸内細菌とは

腸内には1000種類以上、100兆個以上もの腸内細菌が棲みついています。

 

重さにすると1.5kgほどです。

 

その中には人の体に有益な働きをする善玉菌や有害な物質などを作り出す悪玉菌、どちらでもない日和見菌がいます。

 

腸内細菌はビタミンを作り出すなど体によい影響を与えたり、アンモニアやインドールなど健康を損ねる有害な物質を作り出したりします。

 

ただの細菌ではなく、人間の健康と密接に関係しているのです。

 

最近の研究では糖尿病や自閉症との関係も指摘されています。

 

腸内細菌と肥満の関係

肥満傾向の人とやせている人の腸内細菌には違いがあるといわれています。

 

肥満傾向の方の腸にはファーミキューテスという菌が多くいて、やせている方にはバクテロイデーテスが多くいるようです。

 

ファーミキューテスが多いと吸収されるエネルギーが増えてしまいます。

 

バクテロイデーテスは短鎖脂肪酸という物質を作りだし代謝をよくします。

 

つまり、同じ量を食べてもファーミキューテスが多いと吸収されるエネルギーが増えて脂肪がたまりやすく、バクテロイデーテスが多いと食べたもののカロリーが消費されやすく脂肪になりにくいのです。

 

やせる菌を増やすには

腸内環境を改善すれば太りやすい菌が減って、やせやすい菌が増えると考えられます。

 

ファーミキューテスが多い方は高脂肪、低食物繊維な食事をしている傾向があります。

 

腸内細菌叢は食事で変えることができ、食物繊維が多く動物性食品が少ない食事をしていると改善してきます。

 

野菜・海藻・果物などをよく食べ、肉類の摂取を控えることがよい腸内細菌叢をつくります。

 

ヨーグルトや漬物などの発酵食品を食べることも効果的です。

 

ヨーグルトなどには乳酸菌が含まれており、乳酸菌を摂取することで腸内環境が改善されます。